2008年10月15日

解散は今月末?

首相は解散に踏み切る環境整備として、新テロ対策特別措置法改正案の成立や追加景気対策の策定、小沢民主党代表との党首討論の実施を重視しており、いずれも今月末に一定のめどがつくため、解散準備に入ったものだ。衆院選の日程は「11月18日公示−30日投開票」を念頭に置いている。米国発の金融危機の景気への影響など今月下旬の経済情勢を踏まえて最終決断する意向だ。


yahoo japan news

今月末に解散の最終決断が行われる状況となった
今まで、メディアでも取りざたされている解散だけに、待ちに待った
解散と言えるかもしれない

しかし、年金問題、政治資金問題、後期高齢者問題と数々の不祥事を
起こしときながら、それでもまだ国民に信を問えると思っているのか
今の日本を支えてきた高齢者の方々までも苦しめて、それでもなお
選挙には勝利すると信じているとしたら、これほどお目出度い政党も
あるもんだ

民主党が余程の不祥事を起こさない限りは、野党の勝利となるかも
しれない
posted by できそこない at 19:37| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108123674

この記事へのトラックバック

後期高齢者医療制度 最大625万人の天引き開始 
Excerpt: オツカレです。 全国から非難轟々の中、何食わぬ顔で行われた。 [15日 毎日]戸惑い、不信の秋 最大625万人、保険料天引き開始  10月の年金支給日の15日、後期高齢者医療制度で新たに最..
Weblog: ハズレ社会人
Tracked: 2008-10-16 09:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。